スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストクロニクル ショップ大会 ホビーステーション日本橋

奈良県は大会がないのでプロモが欲しい!

最終的には通販で揃えるんですけどね・・・


参加者 2人
使用デッキ 橙黒青オセロテ
オセロテの最後の雄姿を・・・

VS橙紫ドラゴン 先行

2T ヨナティ配置
3T ヨナティCB
4T 九天玄女CB
5T 九天玄女CB
6T 25点ぐらい叩き出して勝ち

・・・これは制限だと再確認させられる展開でした

何だかんだでいざないのクロノレアも3枚になったので良かったです。


来週から待ちに待ったプレリリースパーティー!

大阪TOTO神に参加予定
ホビークリエイト くずはモール店も参加したいのですが、仕事の関係上非常に怪しい・・・

カードゲーマーも3冊購入しましたし、天空編2もバッチコイです!

それでは皆さん、ラストクロニクル天空編2弾でも

時代の発展で!!!
スポンサーサイト

ラストクロニクル 公式からの見解


この度の制限・禁止カード発表につきまして

2015年5月27日



この度、天空編Iのカードを中心に多くの制限・禁止カードを出すことになりました。

多くのユーザーの皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。


まず、今回制限・禁止となったカードについて環境別にご説明させていただきます。

クラシック構築には4枚の制限カードと1枚の禁止カードを出すことになりました。
現在のクラシック環境は、まず橙黒のオセロテデッキ、次いで橙青黒のグッドスタッフビートダウン、
黒単の《イルクベリアの大獄長》+《祟り噛み》バーン、バーンを中心とした黒+何かのビートダウンが中心となっているという認識です。

現在の環境の何が問題となっているかと申しますと、

・オセロテのシナジー(《千年森の神官姫 ヨナティ》《千年森の神闘姫 セルティ》《不吉刃のオセロテ》)が強力すぎること
・以前のような《龍王の厄災日》などを使用したコントロールデッキは、《千年森の神闘姫 セルティ》や《吹雪の姫神》、
《可能性の黒極神 ダロス》のような除去耐性の高いカードが多い環境では存在できないこと
・低時代から簡単に打点を叩き出せる(『結合』『覚醒』《祟り噛み》など)ためゲームが終わる速度がとても速いこと
・速いデッキしか環境に存在できないことによって、先行の有利さが増していること

という点が挙げられます。

以上のような一部のデッキしか存在できない環境を是正するため、以下の制限・制限をかける必要があると判断いたしました。

・《アルバネスの戦士酒場》《イルクベリアの大獄長》《祟り噛み》…ゲーム速度のスローダウン
・《千年森の神官姫 ヨナティ》《千年森の神闘姫 セルティ》…強力すぎるオセロテデッキのキーパーツ

《千年森の神官姫 ヨナティ》と《千年森の神闘姫 セルティ》はどちらか一方でもいいのではないか、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、テストプレイでの検証の結果、クラシック構築はカードプールが広く、どちらのカードに対しても簡単にアクセスできてしまい、さらに再利用も容易なため、このような制限を出さないと環境を変えることができないと判断いたしました。

続いて天空構築の制限カードについてご説明いたします。
天空構築はクラシック構築同様にオセロテデッキがほぼ一強となり、デッキ構築の幅はオセロテに何を足すか、という状態になっています。
また、《闘竜気法》や《野生牙の加護》、《祟り噛み》などを使用したワンショットデッキに対して、カードプールが狭いために有効な対策手段が少ないという認識です。
デッキの多様性に欠けるという点は天空構築のカードプールの関係上ある程度は仕方ないものでもありますが、検証の結果、残念ながら天空編IIが入る環境になってもそれが改善されない可能性が高いため、以下の制限をかける必要があると判断いたしました。

・《野生牙の加護》《祟り噛み》…ゲーム速度のスローダウン
・《千年森の神官姫 ヨナティ》…強力すぎるオセロテデッキのキーパーツ

今回の制限を受けても、オセロテデッキは今までが強力すぎただけで、個々のオセロテの多くが単体でも優秀なカードとなっており、制限後でも十分なデッキパワーを持っているという認識です。

また、今回制限はいたしませんでしたが《バステト》《吹雪の姫神》《闘竜気法》などは今後も活躍する強力なカードと認識しております。これらに関しては今後の追加カードでバランスが取れるように調整をおこなっております。


最後に開発のスタンスについて申し上げます。
私どもは禁止や制限になるようなカードを用意する前提で開発はしておりませんし、可能な限りそのような事態が発生しないよう心掛けて参りました。しかしながら結果として今回のような事態に至ってしまいましたのは、様々な要因はございますが、ひとえに私どもの力不足が一番大きな原因です。

今回の発表にあたりましては、開発チームやさらに大きな枠組みの中で何度も話し合い・検証を行い、最終的には、購入していただいたユーザーの皆様や関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、お叱りを受けることを覚悟した上で、今まで楽しんでいただいたようなラストクロニクルのゲーム性を取り戻すために制限・禁止カードの発表に踏み切りました。

今後の開発につきましては、引き続き可能な限り制限や禁止を出さないというスタンスでおこなって参ります。
また、今後のカードプールの追加によって、カードの制限・禁止解除の可能性もございます。
充分な開発・テストプレイがおこなえるように、社内での開発体制の変更、人員を中心とした開発リソースの強化を行いました。
ご迷惑をおかけしたユーザー様に今後より一層楽しんでいただけるような環境を提供することでお詫びとさせていただきたいと考えております。

それでは今後ともラストクロニクルをよろしくお願い致します。


ラストクロニクル プロデューサー 藤田憲一


この文章とルール改定発表の事前告知があるだけでだいぶ印象が違ったかな、と思いました。
しかし、こういうしっかりとした文章が載せられただけでとりあえずは一安心です。

《バステト》《吹雪の姫神》《闘竜気法》

に関しても調整されての今回の制限外という事が分かりました。


今後とも、ラストクロニクルのより良い発展を願います。

今回のルール改定はいかなものか 各考察

クラシック構築の制限

・5-043《アルバネスの戦士酒場》
・5-071《イルクベリアの大獄長》
・7-040《千年森の神官姫 ヨナティ》
・SD-013《千年森の神闘姫 セルティ》
既存の1枚制限カード
・6-040《霊界つなぎの巫女 シャクト》
・7-045《宝剣の守護精霊》

禁止

・7-116《祟り噛み》


天空構築制限

・7-040《千年森の神官姫 ヨナティ》
・7-056《野生牙の加護》
・7-116《祟り噛み》


キーワード能力『魂石化』のルールが以下のように変更されます。

現:『魂石化』を持つユニットが戦場から捨て札置き場に置かれる場合、代わりにソウルヤードにアクティブ状態で配置されます。

新:『魂石化』を持つユニットが戦場から捨て札置き場に置かれる場合、代わりにソウルヤードにワイプ状態で配置されます。


以上のルール変更は、2015年6月12日より施行されます。


さて、各々の考察に入りたいと思います。

1 酒場
単体で見れば制限をかけるまでもないかな、とは思いますがやはりスペック、ループ(魂石化はルール改定になりましたが)、サーチCBがあるのが原因でしょうね。
個人的には前回の制限の時に入らなかったのが不思議です。

2 イルクベリアの大獄長
対処する手段が限りなく少ない、からでしょうか
祟り噛み禁止なら・・・とも思いましたが、今後のトークンも踏まえての制限でしょう

3 千年森の神官姫 ヨナティ
妥当
正直このカードはどういう調整で生まれたのか首を傾げるレベル

4 千年森の神闘姫 セルティ
SD1限カードを制限にするのか・・・とも思いますが・・・


5 祟り噛み
自分にもライフのデメリット欲しかったですね。


6 野生牙の加護
むしろクラシック構築で制限するカードでは?と思いましたが、天空編での今後のATKを上げるカードを見こしてでしょう。


魂石化のルール改定に関しても妥当かと
査定が緩すぎたこともありますし、ループもありましたしね。
それでも、キーワード能力のエラッタは少々残念


さて、今度は今回の改定そのものに対して述べたいと思います。

1 あまりにも突然
これならばもう少し前にルール改定を行う旨の告知してほしかったですね。
謝罪しろ、何てことは言いませんがもう少しユーザーに向けて何か一文入れてほしかったような気もします。
今後また同じような環境になったとき、カードを入手するのを少しためらってしまうかもしれません
私に限っては発売日に大体揃えてしまいますが・・・w

しっかりと調整した上での今回の改定ならいいのですが、また次姫神やバステト制限なんてことになれば目も当てれないと思っています。
ついでにこいつも制限しちゃえー、な今回のラインナップに見えない事もないので・・・

2 姫神は?
これは多分露骨なメタが出ると予想
流石に得しかないカード・・・というよりは、今回の制限の中で姫神が許されたのは何か意味がある・・・と思いたい。

3 ラストクロニクルという商品への懸念
私はこのTCGが本当に大好きですが、今回のルール改定で他のユーザーがどうなるかが心配でなりません。

構築1枚限定のセルティもクラシックとはいえど制限になりましたし、決して安くはない上3枚必須&SRの種類が多いゆえに手に入りにくいヨナティ制限

新規獲得の意味も込めた(と思ってます)新たな天空というフォーマットの初っ端でこれは残念です。
ユーザーが多いとは言えないこのTCGだからこそ、しっかりと調整をして商品にしていただきたいです。


4 ルール改定そのものは良判断
環境としては非常によくなると思います(多分)
やはり新弾即制限という流れは今後やめてほしいですね。


最後になりますが、このTCGが大好きだからこそ今回の記事は少し厳しく書いてしまったかもしれません。
ただ上記でも述べましたように環境としては良くなりそうですし、天空編2の公開や月末のカードゲーマーのプロモだけでもデッキ構築の幅が物凄く広がっているので非常に楽しみにしております。

ラストクロニクル 光碧CAによって楽しくなりそうなカード

ウィナーズクロノレアのイシュタル見てたら・・・
\(^o^)/
にしか見えません・・・本当にごめんなさい


さて、カードも色々公開されてきましたね。
今回からはなんとCAマークが青い光碧CAなるものが登場し、CAヤードから捨て札に送るカードにシナジーが生まれてきました。
そこでシナジーとなる優秀?なカードを挙げてみます。


1  堕落した射手
紫限定はかなりネックか

2 デス・ブリンガー
スペックだけならラスクロ最強クラスw
このカードが日の目を見る日が来てほしいです。
暗黒騎士覚醒でデメリット消えてくれたら面白いのに、と妄想

3 凍土の腐龍
時代4ェ・・・

4 ベルシ森のダークエルフ
美しい回し方が出来そう、特に白導の数秘術師と

5 モロクの火炉番
白導の数秘術師と組み合わせたら強そう

6 異界の転呪門
やはり黒限定

7 創造的破壊
相手に撃つカード・・・じゃなくなりそう・・・!?

8 デルスザウラの山賊
重すぎる上、ハンデスは微妙

9 ラスプーチン
黒限てry

10 蒼眞の剣華 ミスルギ
1コスユニットが重要な今、ミスルギがスカることも少なくなってきたのではないでしょうか?

11 リチャード獅子心王
CBにかけるのは少し無理があるか・・・
CBシナジーと組み合わせると面白いかもしれません

12 伝承の紫炎

13 魔鋼の機人 ゼノ
タイミングを作りやすいので強そうです

14 リャブー族の輪唱術師
黒限定ですが、効果は強いです。

15 蒼眞の隠密
蒼真が天空編にも出張する熱い展開はまだですか

16 あざ笑う魔時計
リチャードよりかはこちらか

17 バステト
まだ強化されるんですか!?

18 禍福の熊猫
サイズが小さいんですよね・・・パンダ

19 封印書架の管理人
能力自体は強いですね。


以上でしょうか?思っていたよりはありましたね。
ただ、記事のタイトルにもありますように「楽しくなりそうなカード」ですので、現段階では今の環境に割り込んで入ってくるかは相当怪しい・・・
勿論目玉カードはまだまだまだ控えているでしょうから、公開が楽しみです!

久しぶりの更新ですので真面目なデッキレシピでも

先月からゼノブレイドクロス、ブレイブリーセカンド、ネプテューヌというRPG3作発売であまりラスクロを触っておりません・・・
ゼノブレイドクロスに至ってはまだまだ終わりそうにないぐらい楽しんでます。


さて、話を戻しまして今回は京都の大会で使用しようとしていたCBゴズ炎府城を公開します。
レシピ自体はそんなに複雑でもなく、単純にパワーカードを詰め込んだ形ですね。


白 ユニット 10枚 スペル 2枚

懇願するエルフ 3
CBラズー 3
木花咲耶姫 1
ヴァリサ 3

星光印の捕縛 2


橙 ユニット 11枚

バルカヌス 3
CBベルカ 3
九天玄女 3
アポロン 2


紫 ユニット 3枚 ストラクチャ 2枚

ハンニバルバルカ 3

炎府城 2


黒 ユニット 5枚

クロノフォースメイデン 3
黒アリス 2


青 ユニット 11枚 ヒストリー 3枚

アンジュ 2
ミスルギ 3
エンハ 3
青アリス 3

ハンドベル 3


マルチ ユニット 3枚

ゴズオム 3


以上です。
マリガンの基準ですが、最優先は懇願するエルフ
次点はバルカヌス、青アリス、アンジュでしょうか

回し方は・・・CBと相手の動き次第になるのでちょっと説明しにくいデッキですね・・・w
アンジュやハンドベルは投入していなかったのですが、あまりにもオセロテが蔓延していた為ゼノを抜いて投入しました。

デッキとしての強さですが・・・一応これメインでオンラインは回していたので強いです。
また、6枚程度の枚数なら環境に応じて変更出来るのも強みですね(割とゼノに落ちつきますが・・・w)

ちなみにゴズオムデッキではありますが、ゴズオムを配置することはあまり見ていません
ゴズオムを手札にキープ出来る程色に余裕がないです。
それによりイルミナ、白アリスは投入しておりません。

そして、色事故もそんなに起こらない印象です。
ヴァリサがちょっと出したいタイミングに出せない、というのはありますが

炎府城もハマれば相手の場を壊滅させれますし、アポロン含めラズーも相当強力
また、CBによる除去が大量な為後攻でも他のデッキよりかは巻き返せます
ドラゴニックワンパンに対しては聖光印の捕縛、SSに余裕があるなら九天玄女を配置で構えましょう


総括になりますが、「CB」に対するメタが殆ど無いラストクロニクルおいては、この形はしばらく残るかなと思います。
やはりクラシックのCA1は非常に強烈
そして、使っていても派手で気持ちいいですねw

ストラクチャの脅威カードが少ないのもあり、ストラクチャ対策が不十分な今こそ炎府城が最高に輝いている時かもしれません。


ゴズオムデッキを使ってみたい、という方への参考になれば幸いです。

それでは次回の更新もしばらく先になると思われますが、適当に目を通していただければ嬉しいですw

ラスクロツアー京都参加

CBゴズオム炎府城で臨むつもりが、まさかのラズーを紛失してしまうというアクシデント・・・

天空黒橙オセロテに酒場とSSブーストを突っ込んだ何とも面白味のないデッキに(私が使用していてでの感想です、このタイプのオセロテを使用している皆様に対しての感想ではありません)


5勝2敗のオポで12位でした。

・・・あまり詳しいレポートも必要ないと思います・・・w

オセロテの動き出来た試合は勝利し、敗北した試合はオセロテヨナティ全く見えず、の結果に


純粋に調整不足の結果なのでただ自分が弱かっただけですね、はい
また、ゴズオムでこれ以上の結果を出せたかというとそれもまた怪しい話に・・・やはりオセロテは尋常じゃないスペック


大阪の環境もやはりオセロテでしたので、天空編2が出るまではあまり変わらないかもしれません。
ただ一言にオセロテといっても、色々な練られた形がありますのでそこは素直に関心させられます。


5月のプロモが行き渡ってからの環境にも注目したいところです。
時代の発展回数
プロフィール

ムンク

Author:ムンク
新規TCG「ラストクロニクル」に大ハマりしたプレイヤーの徒然なる日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。