スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャクト・・・

剣の街の異邦人買いました!
4500円で購入して3800円で売れたので結構良い感じでした。
絵柄も美しいですし、能力も楽しそうなので今後何かに活かせないか考えていきたいと思います。

久々に休みに予定が無かったのでオンラインで10戦ほどランダム対戦した結果
先行2回の後攻8回、内対戦相手のデッキ分布が
シャクト絡みウィニー 8
黒紫 2

・・・私に先行を下さい・・・
ウィニーをメタるような構築をしても、先行を取られるとかんなりキツいですね。
ジルオーラとベルカが鬼強い挙句、シャクト側も構築の幅が色々あって完全にメタるのが難しい現実
若干心折れました・・・w


そして、次の弾から天空編が開始!
次からはカードを横向きに使用するらしいので、ゲーム内容にどう影響してくるのかが非常に楽しみです!

後は・・・後攻のメリットを増やしてくださいお願いします・・・w


同会社製品のFFTCGが一時休止したみたいですが、これがラストクロニクルにとってプラスになるようになってくるといいですね!
FFTCGもゲーム性が非常に高いとは聞いていて色々残念には思いますが、このラストクロニクルも物凄くよく出来たTCGですのでFFTCGオンリーのユーザーがこちらに流れてくることも少し期待

2015年のラストクロニクルの益々の発展を願います!
スポンサーサイト

ラストクロニクル大阪 スタッフガンスリンガー参加

大阪に行く用事と、私自身ゲーマーというのもあり剣の街の異邦人の体験会両方に参加してきました。

正直な感想としては
すみません、運営もう少し頑張ってください・・・
でした。

スタッフ2人に対して列が8人以上待ちの状態で待機時間が物凄く長かったです。
また、スタッフにも休憩の時間があったので、私が対戦出来たのは参加してから1時間以上経過してからでした。
その待機時間中に剣の街の異邦人の体験も出来たのですが店内の有線が大音量だった為、せっかくの良曲がほとんど聞こえない状況

数少ないスタッフというのも勿論理解はしていますが、もう少し改善していただきたかったですね。


では対戦レポート
使用デッキ 以前ここで挙げました白紫橙狼の改良版
オンラインでも基本このデッキを使用していますが、勝率が思った以上に良いので現在煮詰めています。

スタッフは青紫オーラ剣士

先行

色を見た瞬間にデッキが大体分かったので、ファルトーで攻めずに雷流術でアドを取るプレイングに
相手がクレオパトラ、アスカ、ミズキと展開、こちらはイシュタルのみの時に雷流術使用
その時にアスカに結構殴られていたのが痛かったのですが、相手のミズキの攻撃に対しイシュタルで防御からのラーンの護りで場を一掃する。

時代2後半からは狼を展開、風来の剛勇待ちで着々と準備を進める
スタッフの方はイエルズ神配置の為のユニットを並べていく、アスカが再び着地していたりでライフがかなり削られる
時代3で関羽を展開し相手のオーラにも対応出来る状況にした時に捻じれを撃たれ、更にシャドウスイーパーまで配置され残りライフが1に
この時に嵐の進撃を握られていたら負けでした。

関羽着地の隙も無くなり、手札にマントとラーンの護りを握ったところで大分試合が有利になったと思いましたが、ライフが1なのでCAヤードにあるゼノビアがかなり怖かったです。
風来の剛勇も握れた&試合中に見せていないカードだったので不意打ちを食らわす・・・というのがこのデッキのコンセプトでもあるのですが、青紫という関係上回復しているユニットがあまりいてませんでした。
それでもゼノビアだけ怖いので、回復ユニット1体に対し風来の剛勇を使用し盤面で完全に制圧する。

スタッフの方が次で発展、というタイミングで雷古龍シルヴィアで場を一掃し、残った関羽狼シルヴィアで10点削って勝利


ギリギリの試合でしたw
後攻なら負けていたかもしれません、こちらとしては白の宝樹や電撃戦を引けていたらもう少し楽に戦えたのですが
私としては、アルテミスの神殿をまだ使いこなせていないのが反省点ですね。
起動出来たら物凄く強いのにも関わらず、序盤に早々に見切りを付けてSSに置いてしまってます。
流行りの青に対して雷流アルテミスは物凄く刺さりますし、雷流術自体また強力なカードに復帰してきました。


そしてスタッフの方はやはり強いですね。
他の方との対戦の勝率も見ている限りではかなり良かったですし、ランダムで使用しているデッキもどれも使いこなしている感じがしました。

またこういうイベントが近場であれば参加したいです。
ただ、やはり1戦するのに30分以上待ちは辛い・・・


ラストクロニクル デッキレシピ ~白橙紫~

明けましておめでとうございます。
今年も益々の発展を願ってよろしくお願いします。
早速ですが、あまり見かけない(強いかは不明)であろう楽しいレシピを紹介します。

あとそれに便乗して、以前コメントでいただいたのですが基本このブログでは私がメインで使っているレシピは挙げない事にしています。
理由としては
・自由度の高いこのTCGにおいて、自分でデッキを考えるのも非常に楽しい
・強いデッキや流行っているデッキは他のブログやオンライン上でも見る機会が多い

からです。
強いデッキや流行ってるデッキにおいても個性が出てるのはありますが、それはやはり個性として形にしておきたいですね。

では話を戻しまして
白橙紫食らい尽くすデッキ


白 ユニット 3枚 スペル 5枚 ヒストリー4枚

賭身の修復士 3

ラーンの護り 2
光のマント 3

龍王の厄災日 2
白の宝樹 2


橙 ユニット 9枚

ガイラの末裔 1
イシュタル 2
ルバルスの宝石かじり 3
食らい尽くす狂い噛み 3


紫 ユニット 12枚 スペル 9枚 ヒストリー 2枚

荒ぶるワイバーン 3
ブロンズドラゴンパピー 3
目覚めし雷古龍 3
シルヴィア 2
曇天荒らし 1

雷流術 2
電撃戦 2
風雷の剛勇 3
雷素の励起 2

エフェソスのアルテミス神殿 2


マルチ ユニット 6枚

ファルトー 3
関羽 3


このデッキのキーカードそれは勿論

食らい尽くす狂い噛みです!

皆さんご存知だとは思いますが、このユニットは防御されさえすれば何回でも攻撃可能なので、風来の剛勇さえ一緒に発動しておけば相手の回復状態のユニットをまさに食らい尽くせます(実際はダメージ量もラーンの護りや白の宝樹で計算しないといけませんが)

このコンボが決まるとラストクロニクルではあまり味わえない興奮がある事は断言しますw


~回し方と他の構築案~
序盤は厄災やエフェソス雷流、電撃戦雷古龍で誤魔化し、時代3からはシルヴィア、狂い噛み、関羽といったパワーカードで押し切ります。
風来の剛勇にこだわり過ぎないのもポイント・・・w

他の構築案
・序盤の相手ユニットの除去をファルトー任せにする
これは結構アリだと思います。
投入カードは風来拳の極意、フォースアーマー、神泉の加護でしょうか
抜くカードは雷流やエフェソスのアルテミス神殿辺り

青メインで除去が少ないデッキにおいてはファルトーだけで押し切れる時もあります。
狂い噛みのCBもかなり相性が良いですね。

・ロジカ効果が少ない
CBとファルトーの相性も良いロジカニアバーサーカー、後述の理由によりスーズも良いと思います。

・クレオパトラ
狂い噛みとの相性が恐ろしい
このレシピでは序盤に雷流や厄災を使うので投入を断念
不意打ちという観点もありますが、狂い噛み配置からの剛勇の8コストはかなり厳しい
逆に不意打ち出来ない今の構築も少し考えものかもしれません(狂い噛み配置後に相手ユニットが小隊等、攻撃しまくれば剛勇の効果もそもそも意味をなさない)

ミョルニル
食らい尽くすのコンボが決まれば即死させれる可能性もあるロマンコンボ
風来の剛勇を使う事が前提ですので、パワーラインに関してはどうにでもなるでしょう。
サーチ出来るトールも優秀
クレオパトラやスーズ効果による500アップで関羽も4000ラインに乗せれるのが非常に大きいですね。
ヒストリー自身も賭身の修復士とマッチしてます。


この辺りでしょうか?
青の目立つこの環境において、食らい尽くす狂い噛みはまた違った意味で楽しいカードだと思います。
今年はラストクロニクル 天空編 なるものが始まり、また楽しみが増えていきそうですね。

それでは皆さん、2015年も
時代の発展で!!!
時代の発展回数
プロフィール

ムンク

Author:ムンク
新規TCG「ラストクロニクル」に大ハマりしたプレイヤーの徒然なる日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。